沿革



1803年

1803年

〈アントワンヌ・クルトワ〉ブランドがパリで創業。


1825年

1825年

フランスの楽器職人、ドゥニ・ビュッフェ=オージェがパリの中心部に工房を設ける。ビュッフェ=オージェは、優れた13キイのクラリネットを製作したことで、すぐさま音楽界にその名をとどろかせる。


1836年

ドゥニの息子、ジャン=ルイ・ビュッフェがゾエ・クランポンと結婚。有名な〈ビュッフェ・クランポン〉ブランドが誕生する。


1837年

1837年

音響科学の天才と呼ばれた、ギュスターヴ=オーギュスト・ベッソン(1820-1874)が〈ベッソン〉ブランドを創業する。


1850年

〈ビュッフェ・クランポン〉のアトリエ兼工場がフランス、イヴリーヌ県のマント・ラ・ヴィルにできる。


1925年

1925年

ユリウス・カイルヴェルトが、自らのサクソフォーンブランドを創業する。


1930年

〈カイルヴェルト〉ブランドの最初の工場が、ドイツ、グラスリッツに建設される。


1981

〈ビュッフェ・クランポン〉が、〈ブージー&ホークス〉の傘下に入る。


2005年

“ビュッフェ・クランポン・グループ”が誕生する。


2006年

“ビュッフェ・クランポン・グループ”が、有名金管楽器ブランド2社――〈アントワンヌ・クルトワ〉と〈ベッソン〉を買収。


2010年

同社は、業界の独立性を保つ 戦略を続け、ドイツ、マルクノイキルヒェンにある工場を新たに買収したことで、オーボーとクラリネットの新しいステューデント・モデルの開発が可能になる。“ビュッフェ・クランポン・グループ”を率いる、アントワンヌ・ボーサン会長のもと、管楽器部門も拡大を続け、新たに2社――〈ヴェンツェル・シュライバー〉と〈ユ


2013年

“ビュッフェ・クランポン・グループ”は、創業250年のドイツの家族経営企業B&S 社を買収。同社は、ドイツの最大手の金管楽器メーカーであり、〈B&S〉、〈ハンス・ホイヤー〉、〈メルトン・マイネル・ウェストン〉、〈J.シェルツァー〉が、新たに “ビュッフェ・クランポン・グループ”の名だたる


2014年

2014年

ジェローム・ペローが、“ビュッフェ・クランポン・グループ”のCEOに就任。同氏は次のように述べている。「数世紀の歴史をもつ、一流企業に迎えられて光栄です。この会社の未来を創り上げていくことを楽しみにしています。フランスとドイツの高度なプロフェッショナル・チームがもつ類まれなノウハウに支えられた“ビュッフェ・クランポン・グルー


2015年

〈ビュッフェ・クランポン〉ブランドが創業190周年を迎え、パリのメゾン・ド・ラ・ラジオ(ラジオフランス放送会館)での祝賀会に世界中から音楽家や友人が駆けつける。


2016年

“ビュッフェ・クランポン”が、アメリカ、ボストンの大手プロフェッショナル・フルートメーカーの〈パウエル・フ